PR

『わが投資術 市場は誰に微笑むか』—伝説の投資家清原達郎の全知識

本の紹介
記事内に広告が含まれています。

発売前から既に3刷5万部を突破した『わが投資術 市場は誰に微笑むか』は、800億円を超える個人資産を築き上げた清原達郎さんの全人生の知識と経験が詰まった一冊です。

伝説のサラリーマン投資家の戦略

第1章 市場はあなたを見捨てない

投資の世界では、間違った判断をしても損をするとは限らず、正しいと思われる選択が必ずしも利益をもたらすわけではありません。
清原達郎さんは投資のアイデアが株価に織り込まれていない場合の価値、情報収集への投資の必要性の否定、そしてパッシブ運用とアクティブ運用の利点と欠点を論じます。

第2章 ヘッジファンドへの長い道のり

清原達郎さんの野村證券入社時の経験から、ヘッジファンド運用への道を歩み始めた背景について詳述します。
個人投資家がよく犯す損失のパターン、そしてヘッジファンド運用の基礎となる「ロング・ショート運用」の原理について解説します。

第3章 「割安小型成長株」の破壊力

株式投資の中でも特に力を発揮する「割安小型成長株」への投資法について、PBRやPERなどのバリュエーション指標の解説とともに、清原達郎さん独自の視点から紹介します。
また、成長株投資とバリュー投資の違いについても触れ、投資戦略の多様性を探求します。

第4章 地獄の沙汰は持株次第─25年間の軌跡

25年に及ぶ投資活動の中での成功と失敗、そしてK1ファンドの運用スタイルの変遷を通じて、持株の選択がいかに投資成績に影響を与えるかを説明します。

第5章 REIT─落ちてくるナイフを2度つかむ

リーマンショック時のREIT市場の暴落とその中での投資機会について、清原達郎さんがどのように対処し、成功を収めたかの事例を紹介します。

まだまだ続く

投資家として避けるべき罠、例えばESG投資の誤解や未公開株への投資の危険性について警鐘を鳴らします。
また、これからの日本株市場についての予測も含め、投資家が注意すべきポイントを解説します。

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/25 16:25:08時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

『わが投資術 市場は誰に微笑むか』は、投資家のバイブルとなること間違いなしの一冊です。
清原達郎さんの投資に対する深い洞察と実践的なアドバイスは、あらゆるレベルの投資家にとって貴重な学びを提供するでしょう。
この記事を通じて、読者が市場での成功への一歩を踏み出すためのインスピレーションを得られれば幸いです。

わが投資術 市場は誰に微笑むか(Amazonサイト)
※発売日は2024年3月1日です。
Amazonブックコーナー

Amazonベーシック 乾電池 単3形 単三電池 アルカリ 保存期限10年 20個セット
created by Rinker