PR

コミュニケーションの質を高める!「頭のいい人が話す前に考えていること」を解説

本の紹介
記事内に広告が含まれています。

あなたは日々のコミュニケーションで「ちゃんと考えて」話していますか?
安達裕哉さんの「頭のいい人が話す前に考えていること」は、思考の質を高め、相手に信頼されるコミュニケーションの技術を教えてくれます。

この本、コミュニケーションの質を高める方法について書かれているって本当かな?

うん、本当よ。
『頭のいい人が話す前に考えていること』では、思考の“質”を重視することが強調されているの。
ただ考えるだけじゃなく、どう考えるかが大事なのよ​​。

具体的にどんな方法が紹介されてるの?

7つの黄金の法則と5つの思考法があるわ。
例えば、『怒らない』、『論破しない』、『話し方だけを磨かない』などが黄金の法則に含まれていてね。
これらを理解し実践することで、相手に信頼されやすくなるのよ​​。

なるほどね。
でも、それだけじゃないんだろ?

もちろん。
思考法には、『客観視の思考法』や『整理の思考法』などがあって、これらを使うことで、相手に自分の考えをうまく伝えられるようになるの。
特に『傾聴の思考法』は大事で、相手の話を聞くときには、相手の意図を理解しながら聞くことが重要なのよ​​。

この本を読むことで、誰でも少し意識するだけで「頭のいい人」になれるというのがこの本の魅力です。
ただし、本を読んだだけでなく、本書の内容を生かして、実際のコミュニケーションで試してみることが大切です。
最終的には、信頼される人になることで、自分の言葉がより重みを持つようになります。
是非、この本を手に取って、あなたも「頭のいい人」になる第一歩を踏み出してみてください​​。

頭のいい人が話す前に考えていること