PR

仕事も人間関係もうまくいく「放っておく力」を実践するべき理由

本の紹介
記事内に広告が含まれています。

現代社会では、仕事や人間関係のストレスが増え続けています。
そんな中、「放っておく力」が注目されています。
枡野俊明著『仕事も人間関係もうまくいく放っておく力: もっと「ドライ」でいい、99の理由』では、「放っておく力」を身につけることで、人生がより豊かで楽になる方法を教えてくれます。
それでは、この素晴らしい本書の一部をご紹介します。

1. 縁と人間関係の捉え方

人との出会いはご縁に任せる

人間関係は無理に作るものではありません。
自然な流れに任せ、偶然の出会いを大切にしましょう。
無理に関与せず、ご縁に従うことで、心が軽くなります。
縁がなかった場合は、潔く諦めることが大切です。

苦手な人とは物理的な距離を取る

苦手な人と無理に関わる必要はありません。
物理的な距離を取ることで、精神的な負担を減らしましょう。

他人との関係をドライに考える

他人にすべてを理解してもらおうとするのは無理があります。
過度に深く関与せず、職場や家族でもドライな考え方を持つことが大切です。

2. SNSと情報の扱い

SNSの不毛な論争を放っておく

SNS上での論争に巻き込まれることは避けましょう。
無駄なエネルギーを消耗せず、距離を置くことが大切です。

情報の暴飲暴食をしない

現代は情報が溢れています。
過剰な情報に振り回されず、必要な情報だけを取り入れましょう。

3. 仕事と自己管理

目の前の仕事に没頭する

SNSや他人に気を取られず、目の前の仕事に集中することで、生産性が向上します。

自分の選択を信じ、最善を尽くす

自分の選択を信じ、その選択を最善にするために努力することが大切です。
後悔せず、自分の道を進みましょう。

4. 期待と心の安定

期待せずに放っておく

他人に期待するのではなく、自分の仕事に集中しましょう。
期待値を適切に保つことで、現実とのギャップが減り、ストレスも軽減されます。

5. 思考と態度

人は分かり合えないことを前提に意見を交換する

人は完全に分かり合うことはできません。
分かり合えないことを前提にし、小さな共通点を喜びましょう。

物事に「白黒つける」のをやめる

善悪で判断せず、全ての経験を受け入れることで、心の安定を保ちましょう。

人生には「幸」も「不幸」もない

全ての出来事をあるがままに受け入れ、心を安定させることが大切です。

心配事を先取りせず、「わからないなら」もう考えない

未来は予測不可能です。
心配事を先取りせず、今に集中することが大切です。

6. 自己評価と比較

平均を調べずに放っておく

他人と比較することはやめ、自分の生き方を大切にしましょう。

「世間を気にしたら負け」と知っておく

他人と比較せず、自分自身の価値観に従って生きることが重要です。

7. 決断と妥協

落としどころを見つける

完璧を求めず、ある程度の妥協点を見つけることが大切です。

夜の決断は放棄する

疲れた状態での決断は避け、朝のエネルギーがある時に考えるようにしましょう。

まとめ

「放っておく力」は、現代社会でのストレスを軽減し、心の安定を保つための重要なスキルです。
一部ではありますが、本記事で紹介した方法を実践することで、仕事も人間関係もより良い方向に進むでしょう。
自分のペースで、無理なく取り入れてみてください。