PR

本当に?たった5年で12ヵ国語をマスター!『ゼロから12ヵ国語マスターした私の最強の外国語習得法』を紹介!

本の紹介
記事内に広告が含まれています。

「外国語を学ぶのは難しい」と思っていませんか?
実は、正しい方法を使えば、誰でも効率よく外国語を習得することができます。
ゼロから12ヵ国語をマスターした「Kazu Languages」というチャンネル名のYouTuberである、SNS等の総フォロワー数200万人のKAZUMAさんの最強の外国語習得法の一部をご紹介します。
この方法を使えば、あなたもきっと目標とする言語をマスターできるでしょう。

目的を明確に

外国語を学ぶ際にまず大切なのは、目的を明確にすることです。
何のために学ぶのか、どの言語をどのレベルまで習得したいのかを具体的に決めましょう。
具体的な目標を立てることで、達成すべきレベルや学習時間、モチベーションを維持しやすくなります。

毎日のルーティン化

言語学習は継続が命です。
毎日少しずつでも学習を続けることが重要です。
その日に「どのタイミングに勉強するか」を決めておく、「時間の長さではなく量で決めることも大切」と、続けることで習慣化するとよいでしょう。

インプットとアウトプットのバランス

言語を習得するためには、インプット(聞く・読む)とアウトプット(話す・書く)のバランスが大切です。
インプットだけでは実際に使えるようにはなりませんし、アウトプットだけでは語彙や文法の幅が狭くなってしまいます。
例えば、外国語の音楽や動画、ニュースを読んだりした後に、それについて話す練習をすると効果的です。

実際に使う

学んだ言語を実際に使うことが非常に重要です。
言語交換パートナーを見つけて会話の練習をしたり、オンラインで外国の友達を作ったりして、実際に話す機会を増やしましょう。
実践の場が増えることで、自然と使えるフレーズや表現が身についてきます。

自分に合った学習ツールを使う

世の中にはたくさんの言語学習ツールがありますが、自分に合ったものを見つけることが重要です。
アプリやオンラインコース、教材など、様々なツールを試してみましょう。
その中で自分に一番合うものを選び、それを徹底的に活用していく。

まとめ

外国語習得は決して簡単ではありませんが、正しい方法を使えば誰でも達成可能です。
目標を明確にし、毎日の習慣化、インプットとアウトプットのバランス、実際に使う場を設け、自分に合った学習ツールを活用することで、あなたも目標とする言語をマスターできるでしょう。
さあ、今日から一歩踏み出してみましょう!

※Amazon限定にはDL特典が付きます。
電子書籍版には【Amazon.co.jp限定特典】は付きません。
ご注意ください。

YouTubeチャンネル「Kazu Languages」はこちら