PR

AIの進化と私たちの未来:『ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち』を読み解く

本の紹介
記事内に広告が含まれています。

AIが私たちの仕事と生活をどう変えるのか、堀江貴文さんの『ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち』を通じて考えます。
私たちが直面するAIの未来を読み解く鍵を、この本は握っています。

ねえ、最近『ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち』読んだ?

うん、読んだよ。
ChatGPTや他の生成AIがどれだけ進化しているか、実感できたわ。

そうだよね。
特にホワイトカラーの仕事がどう変わるか、興味深かった。

本の中では、意味のない仕事はAIに代替されるって言ってたよね。
例えば、資料作成とか。

その通り。
ChatGPTはプログラミングコードの作成やデバッグもできるって。

でも、堀江さんはChatGPTをただの検索ツールと勘違いしないでほしいって言ってたわね。

ああ、ChatGPTは秘書のような役割で、具体的な指示に基づいて作業を代行するんだって。

確かに、マトリックスのようなディストピアではなく、
ドラえもんのように私たちに寄り添う存在になるんだろうね。

堀江貴文の『ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち』は、AI時代を生き抜くための指南書です。
この本を読むことで、AIと共存する未来をより良いものにするためのヒントを得ることができる可能性を秘めています。
ChatGPT vs. 未来のない仕事をする人たち